読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がちゃがちゃきゅ~とつむらっと

好きなことを、好きなように

デレステで「第3期アイドルマスター」になった話。

はじめに

 先月『「アイドルマスター」になりたい』という記事を書いた。詳しくは以下参照。

ramu-nyan.hatenablog.com

 あれから一月経ったわけだが、まず謝っておかなければならないことがある。最初にこちらの画像を見ていただきたい。

f:id:ramunyan:20161201185240p:plain

要約すると、「2016年11月度、第3期アイドルマスターのボーダーはファン数700万人くらい」ということをこの人物は言ったらしい。次にこちらを見てほしい。

f:id:ramunyan:20161201185440p:plain

これも要約すると、「予想は700万人と言ったけれども、実際にSSSランクを狙うなら750万で十分」ということらしい。

 ところで実際の第3期アイドルマスターのボーダーを見てほしい。

f:id:ramunyan:20161201212523j:plain

7,744,286である。

 まさに、

f:id:ramunyan:20161201210538p:plain

というやつである。「750万稼げば十分と言っていたのに実際は774万だったけど今どんな気持ち?ねえ、どんな気持ち?」状態だ。まあでも予想とか外れるししょうがないよね!むしろそこまで誤差なかったしすごいんじゃない!(熱い開き直り)

筆者の結果

 とまあ盛大に予想を外したわけだが、結局筆者自身はどうだったかと言うと、以下のとおりである。

f:id:ramunyan:20161201212609j:plain

 なんとか無事に第3期アイドルマスターに就任することができた。750万という目標数値から約30万ほどオーバーして結局稼いだ数値は778万だった。ちなみに1000位と878位、順位的にはそこそこ離れているが稼いだファン数的には4万人*1しか差がないことを考えるとかなりギリギリのラインであることがわかる。

 ところで前月の最後に「やっぱり月末にまとめて走るのはつらい。月初めからコンスタントに走るべきだ」という知見を得、その結果月に750万、日にして25万という目標を立てたが、当然それが守られる訳もなく月末に泣きながら走る羽目になった*2。詳しくデータを残したわけではないが、月最後の28時間で130万人のファン数を稼いだ*3。喉元過ぎれば熱さを忘れる、というやつである。

SSSランクになることのメリットデメリット

メリット

 SSSランクのために走うということ、意外とメリットは多い。自分が感じたメリットを下に挙げていく。

SSSランク「アイドルマスター」になれる。

 これを目的としてるのだから当然といえば当然なのだが、それでもやはり実際に「アイドルマスター」になった時の喜びは大きい。

f:id:ramunyan:20161201212629p:plain

 プロフィールに燦然と輝く「SSS」「アイドルマスター」の文字。これを見るとああ、頑張ったなあという気持ちになることができる。ただ、一か月間という期間限定であるのがなんとも惜しい*4

 また、ルームに置く用のトロフィーも貰うことができる。

f:id:ramunyan:20161201212827p:plain

 「輝くその威光は、頂点に立った者にふさわしい」、まさにデレステ運営から与えられる最大級の賛辞といえるだろう。これだけの名誉、デレステプレイヤーなら一度は手にしてみたいものではなかろうか。

ファン数を稼ぐことができる

 ファン数を稼ぐことを目的に走るのだから当然と言えば当然なのだが、ポテンシャル*5が実装された今、ファン数を稼ぐことができるというのは大きい。例として、11月突入時点と12月突入時点での高垣楓さんのファン数を見比べてみよう。

f:id:ramunyan:20161201213221p:plain

f:id:ramunyan:20161201213254p:plain

一月で170万人程稼いだ計算になる*6。ファン数を稼ぐアイドルを決めてしまえば、一人当たり100万人は軽く稼ぐことができるので、ユニットのアピール値の底上げに直結する。アピール値が上昇すればライブのスコアも上がり、獲得ファン数も増えるので、良い循環が完成していると言えるだろう。

Likeが増える

 SSSランクのために走っていると当然プレイ時間が増えるので、野良Likeをされる回数が飛躍的に増える。デイリーミッションでスタドリ20を手に入れるために「Likeを5回する」ことが必要となるが、来た野良Likeを返しているだけで簡単にこれを達成することができる。同僚の少ない自分には大変嬉しい。

イベントでの順位を(基本的に)気にしなくていい

 基本的にイベントでは最低限、ポイントランキング12万位に入ることが目標とされる。しかし、後述するがファン数を稼ぐにはイベント期間内にぶん回すのが高効率となるので、その12万という値は軽々と超えてしまうこととなる。些細なことに気を囚われなくて済む、嬉しい!

 ただ、これは体験談となるがSSSランクをとった自分でも11月のグルーヴ(あいくるしい)、アタポン形式(Flip Flop)のイベントでどちらも2,000位に入ることはできなかった。これは自分が真剣に2,000位入りを目指そうとしなかったのもあるが、やはり最上位の報酬を狙おうとすると一段上の気迫が必要となるのだろう。そう、だ。(たぶん)

デメリット

つらい(ジュエル的に)

 前の記事でも書いたが、スタミナを一切漏らさないことを前提としてもSSSランクになるためには12,000個のジュエルを割ることが求められる*7。これはガチャ50回分のジュエルを消費してしまうという計算だ。それだけのジュエルがあればもしかしたらあのSSRの子に会えたかもしれない……、50回回した分のアイドルであの子の特技上げができたかもしれない……と考えるとそれだけのジュエルを割って手に入れたSSS、アイドルマスターという称号に意味があるのかと一瞬考え込んでしまう。石がもりもりと減っていく様、なかなか心に来る。

つらい(時間的に)

 SSSランクになろうとすると、やはりかなりの時間を虚空へと消し飛ばさないといけない。一応一日二時間半デレステをプレイすれば、月にして750万人のファンを稼ぐという計算となるが、ニートならいざ知らずやはり個々人の生活があるためそれほど簡単なことではない。たとえばデレステを二時間半プレイする、ということが睡眠時間を同じだけ削るという事に直結することもあるだろう。何か用事があり一日まるっとプレイできない日があれば、その分の二時間半という負債が後に残ってしまう。

 さらに音ゲーという性質上、ほかのスマホゲーと違ってデレステプレイ中集中していなければならないので基本的にながら作業が許されない。例えばパズドラとかモンストで一日二時間半、余裕じゃね?と考える方もいらっしゃるだろうが、デレステはそうはいかないのだ。通勤、通学時間に歩きながらやる、なんてのは当然不可能だし*8、電車内でやろうと思っても席に座れなかったり、少々電車が混んでいたりすれば不可能である。当然何かの作業の傍らに、というのも難しい。

 やったことがない方には想像が難しいかもしれないが、デレステに時間を割く、という行為は思った以上に大変な行為なのである。

つらい(肉体的に)

 やはり音ゲーというその性質上、デレステは他のスマホゲーと違いプレイの際の目と腕の酷使の程度が大きい。短時間のプレイならそれほど問題はないのだが、やはりプレイの時間が長くなると腕と目(特に目)の疲労感が強くなる。SSSランクを目指すなら身体のケアも忘れないようにしたい。蒸しタオルを目に当てるとかいいよ!

つらい(精神的に)

 ちょっとプレイするならとても楽しいデレステであるが、短期間に長時間プレイしているとやはり作業感が出てくる。収録曲数が90曲程度あるとは言え、実際にプレイする曲は限られるし、当然飽きも生じるだろう。「今日はまだもうちょっとプレイしなきゃ間に合わないけどまあいっか」とか思い出したりすると月末に泣きながら走る羽目になる(経験談)。ただ、精神面だけで言えばSSSランクという目標があるため、それほど辛さは感じない(これはあくまで個人差です)。

実際に走るにあたって

 ここからは、実際にSSSランクを狙うならどういうプレイングをするべきか、というのを適当に書いていきたい。

プレイする楽曲

 当然、一曲プレイする際に得るファン数は当然多いほうが嬉しい。ファン数を稼ぐためには「楽曲LVが高い」こと、「アピール値をなるべく高くする」ことと「フルコンする」ことが必要となる。よってプレイする曲は全体曲かつフルコンできる程度の楽曲レベルの曲となる。ファン数稼ぎには「GOIN!!」がいいともっぱら巷で話題だが*9、それはこの曲が27曲でありながらフルコン難易度がそこまで高くないこと、加えて全体曲であることが理由だ。当然全体曲でレベル28の「M@GIC」という楽曲も存在するが、フルコンできなければ稼ぐことができるファン数はガクッと減るのでやはり「GOIN!!」が一番適しているだろう。

 ただ、これは「GOIN!!」が安定フルコン出来れば、の話である。個々人の腕により例えばレベル26や25の曲を走るということも勿論視野に入るだろう。

ただ同じ曲をずっとプレイしていても……

 じゃあ「GOIN!!」だけプレイするぞ!となっても、当然その曲だけやっていれば強い心を持っている人は別として早い段階で飽きてくる。飽きてくるとフルコン精度も落ちるのでいいことは全く無いので、色んな曲を順繰りにプレイする、というのが長い目で見ると一番良いだろう。

 ちなみに自分は、

  • 基本的にレベル25~27の全体曲
  • 時々未フルコン曲
  • 更に時々レベル25程度の属性曲

という感じでプレイしていた。その結果、「Absolute NIne」「つぼみ」「純情Midnight伝説」「Love∞Destiny」「Star!!」「Shine!!」「流れ星キセキ」がSSSランクのために走っている最中にCLEAR S*10となった。先程「GOIN!!」を推していた自分だが、実際はそれほどプレイしていないのでCLEARもA止まりである。ちなみにCLEARがSでジュエルが250個もらえるので、これをSSSランクのための糧にするといいだろう。

走るならイベント期間中に

 当然ながら、ファン数を稼ぐなら色々な意味でイベント期間中に走るのが効率が良い。

グルーヴ

 通常時、一曲プレイするのにスタミナが19必要*11だが、グルーブは一曲あたりのスタミナが通常時より少ない(3曲で50、一曲あたり16.7)。加えて、曲間でコンボ数が加算されるため、通常よりもスコアが伸びやすくファン数も稼ぎやすいという利点もある。PERFECT COMBO*12した際の獲得ファン数なんかは普段の比ではない。

グルーヴの罠

 ただ、このイベントには罠がある。グルーブイベントでは、3曲プレイ後にアンコール曲がプレイできるのだが、このアンコール曲は獲得ファン数に影響しないのだ。一回のプレイでアンコール曲含め、4曲プレイすることになるが、ファン獲得の対象となるのは前3曲分だけとなる。いくらファン数の効率がいいとは言え、結局4曲分の時間プレイしているんだから実はそれほど効率が良くない……という事になってしまう。

 それを改善する方法が、アンコール曲を始まった途端リタイアすることである。4曲目をプレイしなけば、3曲分の時間で済む、当然の発想だ。ちなみにイベントptを稼ぐ、という観点からも下手にアンコール曲をプレイするよりリタイアする方がポイントの時間効率は良い。

グルーブイベントプレイ時のおすすめ

 先に、グルーヴはコンボ数が継続されるからスコアが伸びやすい、と言ったがやはり途中でコンボを切ってしまうとその恩恵は薄い。ここで自分は、「敢えてmasterではなくproをプレイする」ことを提案したい(というか自分はproを回していた)。

 自分のように、難易度masterだとPERFECT COMBOはなかなかできないけど、難易度proならパフェコン余裕だよ!という人間はまず間違いなくproでイベントを回したほうが良い。proでパフェコンをしてしまえば、masterでそこそこコンボを切ったときと同程度のファン数は稼げる。更に、proは消費スタミナが少ない(40)のだ。通常ならば2曲しかプレイできないスタミナで3曲プレイ分のファン数を稼ぐことができる。この方法で、消費するジュエルを大幅に抑えることができるので、ファン数を稼ぐ際に是非試してみてほしい。  更に付け加えると、masterを3曲プレイする労力よりもproを3曲プレイする労力の方がはるかに少ないという面もある。実際にやってもらえば分かると思うが、proでグルーヴをやった後、「masterって大変なんだなあ」と思うこと間違い無しだろう。プレイ回数、時間が増えることを考えるとできるだけ労力は減らしたい。

キャラバンと協力ライブ

 残念ながらこの2つは、ファン数を稼ぐという観点からはそれほど旨味のあるイベントではない(むしろ低効率であるとすら言える)。ただ、走れば走っただけ特技レベル上げの餌が手に入る。逆にキャラバンも協力ライブも、イベント参加を諦めてしまいさえすれば*13通常通りの効率となるので、どちらか好きな方を選んでいただきたい。

ライブパレード

 このイベントもファン数を稼ぐ、という面から考えると素晴らしいイベントである。最初に、このイベントでは同僚を呼べないため発揮値が普段よりかなり下がってしまうが、その分ファン数獲得に補正がかかっており*14一曲プレイした際のファン数効率は普段とほぼ一緒である。

 じゃあどこが素晴らしいイベントかと言うと、スタミナ10消費で任意の曲をプレイすることができるのだ。例えば普段「GOIN!!」をプレイするにはスタミナ19の消費が必要だが、このイベント期間中はそのほぼ半分の消費で済むのだ。もちろん、イベントを完走するならスタミナ10消費の公演ばかりをやっているというわけにもいかないのだが、それでも超高効率なのは間違いないだろう。やはり消費ジュエルを抑えられること間違いなしだ。

アタポン形式

 このイベントでも消費ジュエルを抑えられる。master曲を一回プレイすれば50個*15のアイテムが貰え、そのアイテムを150個消費することでスタミナを消費せずにイベント曲の難易度masterを一回プレイすることができる。当然、イベント曲をプレイしてもファン数はいつもどおり稼げる。つまり、この形式のイベントでは3曲分のスタミナで4曲分のファンが獲得できる。これはもう走るしかないね!

イベントまとめ

 2曲分のスタミナで3曲分のファンが獲得できるグルーヴ、1曲分のスタミナで2曲分のファンが獲得できるパレード、3曲分のスタミナで4曲分のファンが獲得できるアタポン形式。効率にそれぞれ差はあれど、どれも普段より遥かに効率が良いため、消費ジュエルを抑えるならイベント中に走ることを強くおすすめしたい。

まとめ

 無事「アイドルマスター」の称号を手にすることができた。当然達成感も大きいが、逆に犠牲となったものもかなり多いのでSSSランク、アイドルマスターを狙うかどうかは十分考えてからにしてほしい。ただ、月途中から狙おうとするとかなり大変なことになるので、狙うなら早めのうちに。

 あと、グルーブは難易度proを強くお勧めするよ!

 じゃあね。

f:id:ramunyan:20161201225653p:plain

*1:参考:大体7曲プレイで20分ほど要する値である

*2:とは言っても学園祭とかあったし仕方ないよね

*3:ちなみに130万人稼ぐには13時間ほど要する計算となる

*4:ちなみに、当分はSSSを目指す気力は湧かない

*5:各アイドルが稼いだファン数に応じてステータスを底上げすることができる

*6:ちなみに、これは自分が11月に稼いだ総ファン数、780万を5で割った値である156万にかなり近い値となる

*7:ちなみにSSSランク達成報酬で250個のジュエルが貰えるが当然そんなのは焼け石に水である

*8:そもそも歩きスマホはやめましょう

*9:今後はこれに加え「EVERMORE」も挙げられることとなるだろうか

*10:プレイ回数100回

*11:レベル25以上の楽曲の場合

*12:3曲続けてフルコンボ

*13:キャラバンはセンターを高スターランクにせず通常通りのユニットでプレイ、協力ライブはそもそも参加しない

*14:具体的には普段の計算式(前の記事参照)の最後で*1.3をする

*15:もしくは53個