読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がちゃがちゃきゅ~とつむらっと

好きなことを、好きなように

ウルトラマンフュージョンファイト!第3弾の変更点とフュージョンアップの話

フュージョンファイト

はじめに

 2016年11月24日、東京では54年ぶりに11月の初雪を観測という記録的な日であった。加えてその日は、ウルトラマンフュージョンファイト第3弾稼働という記念すべき日でもあった。テレビシリーズがクライマックスへと突入せんとしている中、フュージョンファイトも第3弾が最後なのではないかと危惧していた自分だが、公式twitterによるとここで終わりという訳でもないようだ。

 12月末よりAmazon prime videoで配信されるオーブのスピンオフの効果のおかげかフュージョンファイトはまだ続くらしいので、ここでは安心して第3弾での変更点を今更感もあるが*1紹介していきたい。

 とは言え、第1弾から第2弾になった際の圧倒的進化に比べ、第3弾となった今回はそれほど変更点があるわけでもないのでサクッと紹介していきたい。下に、参考までに第2弾の際の記事を載っけておく。

ramu-nyan.hatenablog.com

新戦士、特にウルトラマンネクサス参戦

 公式的には第3弾でアグル(V2)、ネクサス、ヒカリ、オーブオリジンの4戦士が参戦ということらしいが、ぶっちゃけ最後の二人は第2弾環境から(ヒカリに至っては第1弾から)使えていたので、実質的にはアグル(V2)とネクサスが新規参戦、という事で良いだろう*2

 やはり中でも特にウルトラマンネクサス参戦というのは非常に大きなことである。

 見てよこの勇姿!めっちゃカッコいいよね!流石はネクサスだよね!いやー待ってた甲斐があったわ……と、ネクサス好きの人にはたまらないだろう。ぶっちゃけ能力的には不満も残るけど。

フュージョンアップの追加

 新たな戦士が参戦したことでフュージョンアップも新規に追加された。これも公式的には「ナイトリキデイター」と「スペシウムシュトローム」が追加されたことになっているが、ナイトリキデイターはやっぱり第2弾から追加されたので実質的にはスペシウムシュトロームのみと言っていいだろう*3。ちなみにこれは、ウルトラマンウルトラマンネクサスの力を借りた姿である。カッコいいかは……人それぞれだね。

レベルキャップ解放

 第2弾ではレベルキャップが10から12に開放されたが、今回は一気に15までのレベルキャップが開放された。レベルが上って変わる能力は?と言うと、そうお察しの通り熟練度上限です。

レベル13で熟練度上限が40→50に。 f:id:ramunyan:20161203205335j:plain

レベル14で上限は60に。 f:id:ramunyan:20161203205342j:plain

そしてレベル15では熟練度上限が一気に80となる。 f:id:ramunyan:20161203205358j:plain

第一弾では熟練度上限が20だったことを考えると、インフレここに極まれり、と言った気分である(そんなことはない)。

 また、レベル4から5、レベル9から10になる際にはレベルアップチャレンジをクリアしないといけなかったように、レベル14→15でもレベルアップチャレンジが発生する。以下はウルトラマンレオのレベルアップミッションだが、難易度が星7個と、かなり強めのミッションになっていることが分かるだろう。

f:id:ramunyan:20161203205840j:plain

チャレンジミッションの追加

 戦士のレベルキャップが開放されたことに伴い、チャレンジミッションの数も12から15へと増えた。第2弾環境では最難関のミッションでも星7個だったが、第3弾で一気に星9個まで上限が上がった。

f:id:ramunyan:20161203210019j:plain

 ちなみにこのミッション、かなり手強く下手すると普通に負けうるので注意されたし。

怪獣系URの登場

 これまで、それぞれの弾ごとで、最高レアリティであるURはウルトラ戦士が6人、という内訳だった。だが今回の第3弾ではウルトラ戦士が4人、怪獣が2体となり、初めて怪獣のURカードが登場した。

 ちなみに当然ながら怪獣カードはフュージョンアップに使えず、しかも残りのURのうちオーブオリジンもフュージョンアップに使えない。つまり、URのカードの内、フュージョンアップに使用することができるのはたったの3枚だけ*4なのだ。

まとめ?

 とまあ、第3弾の更新と言うと実はこれくらいしかないのだ。なんともこれだけだと内容が寂しい気がしたので、いつもは記事を別にしているフュージョンアップのことも書くことにする。特記事項のないフュージョンアップについては触れないのでご了承を。

フュージョンアップのステータスについて

 第3弾になって新規カードが増えたことにより、今までより強くなったフュージョンアップが幾つか存在するので触れていく。ここで触れるのは、第2弾までの組み合わせでの最大値を超える組み合わせが生まれたもののみである。

バーンマイト

 第1弾で最強を誇ったバーンマイトだが、第3弾になってなんと更に強化された。第2弾までの最高能力値は以下の通り。

カード名 攻撃 体力 速さ 必殺 合計値 カードNO.
タロウ 5 9 5 5 24 1-003
メビウス 5 5 6 4 20 2-013
バーンマイト 5 9 6 5 25 なし

 しかし、第3弾からはこれまでのバーンマイトの最高能力値25を超える26の組み合わせが可能となった。

カード名 攻撃 体力 速さ 必殺 合計値 カードNO.
タロウ 5 9 5 5 24 1-003
メビウス 4 4 7 5 20 3-012
バーンマイト 5 9 7 5 26 なし
カード名 攻撃 体力 速さ 必殺 合計値 カードNO.
タロウ 6 8 4 4 22 3-008
メビウス 4 4 7 5 20 3-012
バーンマイト 6 8 7 5 26 なし

 合計値26を発揮できる組み合わせは二種類あるので、どちらか好きな能力を選んで欲しい。特に後者はOR2枚で合計値26という破格の組み合わせだ。現時点でフュージョンファイト中最高効率のフュージョンと言ってしまっても構わないだろう。そう、実は第3弾の当たりカードはORメビウスだったのだ!!

 第1弾で最強を誇ったバーンマイトだったが、言っちゃえばただの体力バカであった。しかも第2弾でバーンマイトを上回る能力のレオゼロナックルが登場し、ヒッサツワザボウギョにより体力の恩恵が薄くなったことで少々影が薄くなっていたバーンマイト。しかし、第3弾で強化され、新たな一面を見せたバーンマイトに皆さん是非注目してあげて欲しい。テレビでは相変わらず不遇気味だけど。

ナイトリキデイター

 恐らくこのフュージョンアップが第3弾の恩恵を最も受けているだろう。前回の記事でも言った通り、元々はアグルとヒカリの能力値が全く同じため最悪の組み合わせだった。しかし、第3弾で共にURが出たことにより多少改善された。

カード名 攻撃 体力 速さ 必殺 合計値 カードNO.
アグル 5 5 7 5 22 3-002
ヒカリ 6 5 6 5 22 3-004
ナイトリキデイター 6 5 7 5 23 なし

 ご覧の通り、前回の全く強くならない状態は脱したものの、それでも相性がいいとも言えない。ナイトリキデイターの不遇はまだまだ続く……

スペシウムシュトローム

 第3弾の目玉とも言えるフュージョンアップ。ネクサスのカードは現状1枚しかないが、ウルトラマンのカードが豊富なため組み合わせ自体はそこそこ多い。

カード名 攻撃 体力 速さ 必殺 合計値 カードNO.
ウルトラマン 5 6 5 6 22 1-001
ネクサス 6 5 5 6 22 3-003
スペシウムシュトローム 6 6 5 6 23 なし
カード名 攻撃 体力 速さ 必殺 合計値 カードNO.
ウルトラマン 4 4 5 7 22 3-006
ネクサス 6 5 5 6 22 3-003
スペシウムシュトローム 6 5 5 7 23 なし

 とまあ、ご覧の通りぶっちゃけそれほど強いフュージョンというわけではない。バランス型の前者か、ヒッサツ特化の後者か、ということになるだろうか。ちなみに後者のステは、ウルトラマンをT-001(オーブリング付属)に変えても全く同じ値が再現できる。

ウルトラマンメビウスフェニックスブレイブ

 フュージョンアップが第3弾の恩恵を最も受けたフュージョンその2。前回の第2弾紹介の際に、フュージョンの相性が悪すぎると述べたが、ヒカリの強いカードが登場した恩恵を受けてその状況が多少ではあるが改善された。

カード名 攻撃 体力 速さ 必殺 合計値 カードNO.
メビウス 5 6 6 5 22 1-009
ヒカリ 6 5 6 5 20 3-004
フェニックスブレイブ 6 6 6 5 23 なし
カード名 攻撃 体力 速さ 必殺 合計値 カードNO.
メビウス 4 4 7 5 22 3-012
ヒカリ 6 5 6 5 20 3-004
フェニックスブレイブ 6 5 7 5 23 なし

 第2弾環境での合計値の最大だった22を超えた、能力値合計23のフェニックスブレイブが降臨するのだ。その組み合わせは2パターン存在するが、好きな方を選んで欲しい。

第3弾移行によるまとめ

 ウルトラマンネクサス参戦!

 バーンマイト強化!

 ナイトリキデイター強化!

 ウルトラマンメビウスフェニックスブレイブ強化!

 じゃあね。

*1:本当は第3弾当日に紹介したかったんだよ、でも忙しかったんだよ……

*2:ちなみにアグルもV1自体は第2弾で既に使用可能だったので、完全新規はネクサスだけ、ということになる。第3弾ガッカリポイントの一つ

*3:3弾ガッカリポイントの一つ

*4:3弾ガッカリポイントの一つ